組織横断統括部門 機械システム設計推進本部

元有機化学理論実験系をやっていたり、人工衛星の設計・開発・管理をしていた人が、人工衛星の機械システムを思い出しながら、横道に反れたりして、それっぽい知識を残していく

よくある宇宙のデータを使った技術【宇宙機とインフラ】

インフラを整えるアウトプット

f:id:MSDSSph:20200119232501j:plain

現在、宇宙業界のインフラストラクチャーを整えるために、日本をはじめ世界各国で様々な動きがあります。

 

宇宙業界のインフラとは、人工衛星やロケットをシステムとして製造できるシステムメーカーに始まり、国内で必要な機器や構体を製造するコンポーネント製造メーカー、さらには各コンポーネントを構成する部品や素材を製造加工する素材メーカーを整えています。

 

製造するためのメーカーだけでなく、人工衛星やロケットを宇宙に打ち上げるために、今までJAXAに一任していたことを法的に整備し、JAXA以外の組織(民間と称することが多い)でも煩雑な調整をせずに、責任省庁を明確にし、手続きを明瞭にしていきました。

 

現在、web上であふれている情報のほとんどは、最近の上記の宇宙インフラの話がほとんどだと思います。

 

今回は、そもそも、宇宙から送られてくるビックデータは何に使われてきた、今回改めて確認していこうかと思います。

 

続きを読む

宇宙関連施設(に限らず)の清浄度や試験環境や輸送衝撃荷重、そして火星の要求【宇宙機と清浄度、地上環境】

クリーンルームは清浄度の管理された部屋のことである

f:id:MSDSSph:20200118235324j:plain

Credits: NASA

クリーンルームは、ゴミ一つない清浄な部屋という印象を持つかと思います。

正確には違うのです、清浄度が管理された部屋なのです。

 

ゴミ一つ落ちていなければ、掃除をする必要もないではないですか、掃除用具もなければ掃除機もないはずです。

 

しかし、クリーンルームの中にもチリやゴミはあるのです。

実際のところ、清浄度のレベルの違いによって発生してしまうのです。

もし、クリーンルームの中にほこりや虫の死骸があったとしても失望しないでいただきたい。

 

続きを読む

機械系で忘れてはいけない衛星の地上試験中の扱いやすさ【宇宙機と構造体】

機械系の扱いやすさは地上操作によるもの

f:id:MSDSSph:20200113002221j:plain

Credits: NASA

人工衛星の扱いやすさは軌道上に上がって運用時での取り扱いのしやすさによります。

 

今後、多くの人が人工衛星のデータを取り扱ったり、ミッション機器の操作をするには運用時の取り扱いのしやすさをどう工夫するかによります。

 

続きを読む

熱試験と熱真空試験と熱平衡試験と熱サイクル試験は微妙に違う【宇宙機と熱試験】

広義的には熱試験と熱真空試験と熱平衡試験と熱サイクル試験はすべて熱試験

f:id:MSDSSph:20200112234936j:plain

Credits: NASA

人工衛星の計画を確認したり、契約上定められた試験を示すときに、熱試験の定義はしっかりと確認した方がいいでしょう。

 

なぜならば、各組織において熱試験の定義が違うのです。

 

日本で人工衛星を開発する多くはJAXA標準をもとに試験項目を決めているわけでは必ずしもないのです。

 

それは、過去の経験から実試験をするのか、解析にするのか、簡易試験にするのかなどの検討を行われた結果、各々の組織での流れができているのです。

 

一度、JAXA標準をもとに振り返り、本当に簡易化してよいのか、組織の経験の中で、人工衛星の軌道上の目的に合っているが実施されなくなった試験を本当に実施しなくてもよいのか。

再検討あるいは再認識する内容になればと思います。(と書きつつ、そんな高尚なことは求めていないかな)

 

続きを読む

振動試験よりも、実は熱試験が山場【宇宙機と熱試験】

機械系は熱試験において温度調節の条件も確認あるいは指示する必要がある

f:id:MSDSSph:20200113000107j:plain

Credits: NASA

唐突ですが、コンポーネント担当として、熱の条件すなわち温度範囲を設定しておく必要があります。

この温度範囲をもとに、熱試験の温度調節を行う必要があります。

続きを読む

コンステレーション衛星の考え方の一つ【宇宙機と宇宙機群】

f:id:MSDSSph:20200111213037j:plain

衛星コンステレーションを聞いたことがあるでしょうか。

 

特定の目的あるいはミッションを達成するために、複数機の人工衛星群を示しています。

 

続きを読む

阿吽の呼吸を信じるな! 業務の引継ぎとデリゲーションポーカー【途中参入したプロジェクト】

阿吽の呼吸は信じるな

f:id:MSDSSph:20200113000954j:plain

人工衛星プロジェクトに限らず、経験して思ったことは、阿吽の呼吸なんて信じてはいけない。

続きを読む

分解能/解像度で見えるもの【衛星の画像分析】

人工衛星の製品仕様分解能/解像度について

f:id:MSDSSph:20200112114646j:plain

光学あるいはレーダの人工衛星でよく言われる製造仕様は分解能/解像度です。

解像度とは、地球観測衛星に載せられたセンサが、地上の物体をどれくらいの大きさまで見分けることができるかを表す言葉です。解像度が高いほど、地上の細かい様子を観測するのに優れているということになります。解像度の単位は、m(メートル)です。解像度は、分解能又は空間分解能ともいいます。
例えば、解像度が30mのセンサでは、30m以上の大きさの物体を見分けることができるということになります。

解像度(物を見分ける能力)

 

続きを読む

独り言 飛び込み営業の思い出

f:id:MSDSSph:20200111212444j:plain

かつて年次研修で飛び込み営業を経験したことがある。

 

営業職ではなく、技術営業でもなく、技術職の環境にもかかわらずである。

 

アポなしが推奨され、度胸が試されるというものだが、年次行事であるため、突撃される場所もほとんど同じになる。

 

そこで聞いた話は、数年前に同じ営業で来ており、チラシを置いてもらったのだが、その先、チラシの追加に対応してもらえなかったのだという話だ。

 

営業側がうまく対応つないでいなかったという話で、終始、申し訳ありません、と自分が謝っていた記憶がある。

 

もはや、研修に利用されるだけで、迷惑極まりないものだと再認識したものである。

 

ただ、同研修を受けた側からは、そのような話もなく、うまくばらけられたなと感じていた。

 

その研修は継続して実施されているようだが、クレームは来ているのだろう、対応禁止企業も出てきているようだ。

 

相手企業や店舗からすると、迷惑であるかもしれないが、年に1度チラシを補充してくれる補充要員としてみなされているのかもしれない。

 

Twitterで、ある一定期間つぶやくだけでも、宣伝としては大きいかもしれないし、今ならYOUTUBEチャンネルでも開いた方がいいかもしれない。

 

 

 

 

 

blog.tinect.jp

 

 

 

 

 

NASAの電離層衛星ICONについて【NASA人工衛星】

電離層観測衛星ICONを知っているでしょうか

f:id:MSDSSph:20200112173420j:plain

Credits: NASA

2019年10月10日に、アメリカの電離層探査衛星がアメリカのケープカナベルでPegasus XL(Northrop Grumman Innovation Systems社)により打上げられました。

 

www.youtube.com

続きを読む