往時宇宙飛翔物体 システム機械設計屋の彼是

往時宇宙飛翔物体 システム機械設計屋の彼是

人工衛星の設計・製造・管理をしていた人が人工衛星の機械システムや宇宙ブログ的なこと、そして、横道に反れたことを覚え書き程度に残していくブログ

森林破壊抑制先進国ノルウェー。GoogleEarthの数倍の解像度を持つ無料衛星画像データで森林を監視する。

森林破壊抑制先進国ノルウェー

f:id:MSDSSph:20210602234324j:plain

 

ノルウェーは、森林破壊につながる製品を使用しないと宣言した世界で最初の国家です。

 

世界では毎年12万km2から15万km2の森林が失われています。

過去40年で、ヨーロッパ全体に匹敵するサイズの森林が消えています。

 

森林破壊を最も促進させるものは農業です。

焼き畑式農業や整地により、家畜の放牧地域を作るために森林を伐採していきます。

 

2000年から2011年の間に、アルゼンチン、ボリビア、ブラジル、インドネシア、マレーシア、パプアニューギニア、パラぐらいの牛肉、食料パーム油、ろうそくあるいは食用大豆、木製品が世界の40%を占めていました。

 

これらの製品の購入・輸入を停止することで、ノルウェー政府は、森林破壊を止める政策を進めました。

 

購入・輸入を停止するだけではなく、ブラジル、インドネシアリベリアに多くの投資を行い、各国が森林破壊を減らすための支援も行いました。

 

ブラジル・アマゾンの森林破壊

f:id:MSDSSph:20210602234515j:plain

アマゾンは過去50年間で約17%の木が消え失せています。

 

アマゾンの森林は、私たちが呼吸する酸素の5分の1を作り出しています。

 

2008年にノルウェーは、アマゾンの熱帯雨林の保護のために、ブラジルに対して10億ドルを提供していました。

 

この投資は、2015年までにブラジルの森林破壊の75%も減らしています。

8,5000km2の熱帯雨林を保護し、32億トンの炭素量の増加を防いでいます。

 

炭素排出量は、1年間アメリカ軍の活動を停止させた炭素排出量に相当します。

 

ブラジルでは、1970年代より衛星画像を活用して、伐採監視を行ってきました。

過去、日本でも陸域観測技術衛星「だいち」を実験的に利用して、100件以上の違法伐採を特定することができました。

 

古くから衛星画像を活用していたので、土地台帳を照合して、違法か違法じゃないか判別し、警察に連絡できるようなシステム体制も構築されていました。

 

ブラジル・アマゾンの場合は、だいちを利用した場合、総面積が約350万km2と広範囲であるため、全体図を作るのに約300シーンの画像が必要になります。

このデータを確保するのに、2009年頃の場合、1回で9000万円ほどかかり、年に数回更新しなければならない状況を考えると、予算から考えて断念せざる得ない状況でした。

 

ノルウェーは、2010年のインドネシアとの協定を行い、炭素排出量を数年で半減させることに成功しました。

 

ノルウェー政府の提供するGlobal Forest Watch

f:id:MSDSSph:20210602234814j:plain

2020年にノルウェーは、Airbus、KSAT、Planetと4,350万ドルの契約を結び、64か国をカバーする衛星画像に無料でアクセスできるシステムすることとなりました。

 

PlanetのDove衛星(解像度3.7m)は、毎日、地球全ての大地の写真を撮っていきます。

これらの写真を組み合わせることで、地球全土の森林を把握することを可能としました。

 

Airbusは、2002年以降、衛星によってキャプチャした画像のアーカイブを保管しています。

これらにより、現在の森林情報と数年前の森林情報を比較することを可能とします。

 

KSATは、これらのデータをまとめ、Global Forest WatchまたはPlanetからファイルを表示あるいダウンロードできるシステムを構築しています。

 

人工衛星により毎日画像が更新され、森林破壊を確認するタイミングを検知することができます。

例え、森深くでひそかに伐採していても、従来のように、隠れ逃げることができなくなっています。

 

地球規模の森林監視における革命は、アメリカ政府が2007年にLandsatの衛星画像を無料で利用できることになり、多くのツールを使用することができたことです。

しかし、高解像度の衛星画像派依然として高価である。

この発表により世界中の人々がLandsatよりも10倍以上の高解像度の商用衛星画像にアクセスできるようになった。

この機会を利用するかどうかは、我々全員の行動にかかっている。

Crystal Davis

 

www.youtube.com

 

しかもこのサービスは、ノルウェー政府がサービスの費用を負担しているため、すべて無料にしています。

 

日本でも衛星画像データとしては、似たようなサービスがありますが、このサービスは森林破壊に特化しています。

 

主に次の項目になります。

  • 森林の炭素排出情報
  • 寿樹被覆損失データ
  • 森林破壊検知レーダー
  • 森林破壊と火災警告を出すスマホアプリ
  • ブラジル・アマゾンでは森林破壊を検知すると24時間から48時間の間に警察に連絡

 

このように人工衛星のデータは世界規模なんですね。

 

ビジネス視点で考えると、少しずつインフラ情報が既存の企業に抑えられて、後続の企業が厳しくなっていきますね。

 

ここで無料サービスはすごい、森林データは他にも活用できるので、これが無料とは。。。

 

参考資料

Global Forest Watch←無料画像

https://www.globalforestwatch.org/

Terrabrasilis – Plataforma de dados geográficos

http://terrabrasilis.dpi.inpe.br/en/home-page/

Active Fire DEFORESTATION

http://terrabrasilis.dpi.inpe.br/app/dashboard/alerts/legal/amazon/aggregated/

 

Norway Is the World’s First Nation to Ban Deforestation

https://www.nathab.com/blog/norway-is-the-worlds-first-nation-to-ban-deforestation/

日本の宇宙技術が世界の森を守る ブラジルでの森林監視の実績をもとに

https://fanfun.jaxa.jp/feature/detail/8244.html

Footing the Climate Bill for the World

https://www.sspi.org/cpages/footing-the-climate-bill-for-the-world

Norway funds satellite map of world's tropical forests

https://www.bbc.com/news/science-environment-54651453

Planet, KSAT And Airbus Awarded First-Ever Global Contract To Combat Deforestation
Tara O'Shea | September 22, 2020

https://www.planet.com/pulse/planet-ksat-and-airbus-awarded-first-ever-global-contract-to-combat-deforestation/

 

なぜか読まれる記事